総額いくらかかる?大学生向けの学割料金を比較

ムダ毛は大人の女性が悩んでいるだけでなく、大学生でも気になっている人が多いかもしれません。

未成年の場合は親の同意が必要となりますが、学生でもほとんどのサロンで脱毛を受けることができます。

学割はお得なの?

また、学生のうちの脱喪を受ける場合、学割が適用されるケースもあります。

そのため社会人になってから脱毛を受けるより料金を安くすることができるでしょう。

学割の内容はサロンによって異なっていますが、普通に施術を受けるよりも料金がかなり安くなることが一般的です。

このような割引制度は学生であることが条件であり、学生証などの提示が必要となります。

学割は学生のうちしか利用できないというサロンもありますが、学生のうちに契約していれば社会人になってからも適用されるというサロンもあります。

そのため少しでも脱毛にかかる総額を抑えたいという場合、早めに契約をすると良いでしょう。

ただし、学割が用意されているお店だとしても一番お得な割引は学割以外であることも多いので、慎重な下調べが必要です。

平日でもサロンへ行きやすい学生のうちに通い始めたほうが良い

学割を使う使わないを抜きに、学生のうちに脱毛は初めておいたほうが良いと言えます。

脱毛サロンに通いたいという大学生も多いでしょう。

実は脱毛は学生のうちから始めておくのが良く、学生なら予約が取りやすいというメリットがあります。人気の脱毛サロンは予約が取りにくいですし、特に夕方以降や土日は混んでしまうということです。

社会人になると土日しか休めないこともあるでしょうし、脱毛をしたくてもなかなかサロンの予約が取れないでしょう。

また、7月や8月は脱毛を希望する人が増えるため、予約が取りにくくなると言われています。

しかし、学生ならこの時期は夏休みとなりますし、社会人よりも予約を簡単に取れるでしょう。

脱毛というのは1回で完了するものではないため、予約の取りやすさはサロンを選ぶ上で重要なポイントとなります。

毛周期に合わせて何度か施術を受けることで完了するものですし、予約が取りやすいサロンを見つけると良いでしょう。

大学生や専門学生は学生時代から脱毛を開始すると良いのです。

脱毛サロンへ行くときの服装

初めてサロンに行く場合、どのような服装で行ったら良いのか分からないかもしれません。

基本的に服装は自由なのですが、施術の際にはサロンが用意しているガウンなどに着替えることが一般的です。

そのため脱毛サロンに行くからといって服装を気にする必要はないでしょう。

しかし、着替えることを考えると着替えやすい服装にするのがおすすめです。

無料カウンセリングの心構え

また、サロンの勧誘が不安だという人もいるかもしれませんが、不要なコースの勧誘をされてもきっぱり断ることが大切です。

きちんと断るためには意見をしっかり持つことが大切であり、意見が曖昧だと相手に流されてしまうので注意しましょう。

また、お試しコースや安価なコースを体験する場合、どの部分のムダ毛が気になるのかをしっかり考えておくことがポイントです。

通う前にしっかり考えておくことで勧誘をきちんと断ることができるでしょう。

しかし、学生の場合はもともとお金がないことは分かっていますし、あまりしつこい勧誘はされないと言われています。

どうしても不安な場合は最初から勧誘がないと謳っているサロンを選ぶと良いでしょう。

契約後に支払いの不安を感じたら

契約したけどやっぱり解約したいという場合、クーリングオフという制度を利用することもできます。

クーリングオフは契約して8日以内で契約期間が1カ月以上、契約金額の総額が5万円以上の場合に利用できる制度であり、書面で脱毛サロンに通知するだけでこの制度を利用することができるため、わざわざサロンに行ったり電話をする必要はありません。

また、クーリングオフのやり方は特に決まりがあるわけではなく、契約を解除するという内容を紙に書いて8日以内に郵送するだけなので簡単です。

必着ではなく8日以内に出すことが条件であり、8日を過ぎてしまうとクーリングオフが利用できなくなってしまうので注意しましょう。

また、ローンではない月額制で通えるサロンを選ぶのもおすすめです。キレイモなら月1万円程度の月謝感覚で全身脱毛をすることができます。